スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


現地本部長に篠原農水副大臣=菅首相、口蹄疫対策に総力(時事通信)

 政府は9日夜、全閣僚で構成する口蹄(こうてい)疫対策本部の第3回会合を首相官邸で開き、宮崎県で発生した口蹄疫問題の解決に政府を挙げて取り組む方針を確認した。菅内閣で農林水産相に山田正彦農水副大臣が昇格したことを受け、山田氏が務めてきた現地対策本部長の後任には篠原孝農水副大臣を充てる。
 対策本部会合の開催は菅内閣では初めて。本部長を務める菅直人首相は「政府の総力を挙げて、感染拡大の防止、発生農家の経営再建、地元自治体に対する財政支援に万全を期す」と述べ、対策に全力を尽くすよう各閣僚に指示した。
 篠原副大臣は会合後、記者団に対し、10日から宮崎県に常駐し、地元の不安払しょくに取り組む考えを示した。 

【関連ニュース】
【動画】菅直人首相、就任初会見
【特集】菅直人内閣閣僚名簿
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
〔写真ニュース〕哨戒艦、菅首相も支援を=脱北者が書簡
〔写真特集〕鳩山首相、苦悩の1カ月

鹿児島側、県境6カ所を封鎖=口蹄疫対策で12日午後にも(時事通信)
南アW杯 くいだおれ「次郎」が応援しまっせ! 大阪(毎日新聞)
丹羽氏の大使起用を承諾=政治主導に懸念の声も―中国(時事通信)
振興銀事件 偽装取引を承認 取締役会、SFCGに持ち掛け(産経新聞)
岳父の「上野」に改姓、「みんな」の比例候補に(読売新聞)

<人事>日銀(3日)(毎日新聞)

 日銀(3日)

 理事(企画局長)雨宮正佳▽企画局長(総務人事局長)櫛田誠希▽発券局長(同局審議役)清水紀男▽総務人事局長(発券局長)織立敏博▽同局審議役(高知支店長)衛藤公洋

 退職(理事)堀井昭成

波形手すり 全国で増殖 楽に上り下り、おしゃれ演出(産経新聞)
衆院は菅氏を首相指名 社民は福島氏に投票(産経新聞)
貧困ビジネス 施設入所拒否を指南 自称NPO、生活保護者囲い込む(産経新聞)
<鳩山首相退陣>「幹事長にも身を引いてもらいたい」(毎日新聞)
82歳女性に高額で布団購入迫る 禁止行為で販売会社社長逮捕(産経新聞)

<岐阜県>産廃施設許可取り消し 住民への説明会なく(毎日新聞)

 岐阜県中津川市福岡で計画されていた産業廃棄物の中間処理施設について、同県は26日、施設の設置許可を取り消すと発表した。業者に求めた住民への説明会が実際には行われなかったと認定、設置の根拠となる廃棄物処理法や県条例に違反したと判断した。今後、業者に改めて意見を聞く聴聞など許可取り消しに向けた行政手続きに入る。

 業者は同市の「河村産業」。同地区の会社敷地内に廃油や木くずの処理施設の建設計画を県に申請、09年11月に許可を受けた。業者は「住民説明会を4回行った」と県に報告。だが、計画が表面化した今年2月以降、住民が「産廃を扱う施設との説明は受けていない」などとして建設反対運動を展開、県に許可取り消しを求めていた。

 県が河村産業に事情を聴いたところ説明はあいまいで、実際には説明会が実施されなかったと判断。県条例や周辺地域の生活環境保全への配慮を求める廃棄物処理法に違反したと判断した。

 「福岡産廃施設建設に反対する住民の会」の野田契子代表(64)は「行政が一度与えた許可を取り消すことはないと思っていた。英断だ」と喜んだ。

 一方、河村産業の代理人は「取り消しを県が決定した場合は、その決定の無効確認と、知事への損害賠償訴訟を検討する」とコメントした。【岡大介、三上剛輝、小林哲夫】

【関連ニュース】
ビオトープ:国内最大級 産廃処分場が大変身 北九州
産廃処分場:伊賀のNPO、県に「素掘り」廃止要望 /三重
伊賀の産廃最終処分場:公害調停申請 水質調査の井戸新設を 国が中間案 /三重
中津川の産廃施設建設:住民の会、許可撤回求め署名 3万1516人分、県に /岐阜
県境産廃問題:09年度までに対象の6割撤去 八戸地域対策協に報告 /青森

メガネなしで3D体感 技研公開2010(産経新聞)
<停電>配電機器にヘビ 大阪・枚方で最大2時間(毎日新聞)
囲碁 山下勝ち、1勝1敗に 本因坊戦第2局(毎日新聞)
最も安いと思う魚は「サンマ」、では最も高いと思う魚は?(Business Media 誠)
貧困ビジネス 大阪市が排除 保護費を悪用 30業者・団体(産経新聞)

キャバクラ経営者起訴 2億8千万円脱税(産経新聞)

 ホステスらの給与から天引きした源泉所得税など計約2億8千万円を脱税したとして、東京地検特捜部は26日、所得税法違反などの罪でキャバクラ経営会社「ティーアンドシープロデュース」(東京都豊島区)社長、鈴木武将容疑者(31)と法人としての同社を起訴した。

 起訴状などによると、鈴木被告は平成20年6月までの1年半、従業員の給与から源泉徴収した所得税約1億6千万円を納付しなかったほか、20年3月までの3年間、売り上げの一部を除外するなどして消費税と地方消費税計約1億2100万円を脱税したとされる。

【関連記事】
「キャバクラなら客になる」女子少年院でセクハラの教官処分
警察官けった容疑で市職員逮捕 キャバクラ料金もめ聴取中
キャバクラに“黒服”強盗、店長の骨折り22万円奪う
キャバ嬢らデモ行進 歌舞伎町でキャバクラユニオン、業界改善訴え
生徒が話題「年齢確認ずさん」 中2雇ったキャバクラ経営者逮捕

<雑記帳>山崎宇宙飛行士の街頭パレード 千葉・松戸(毎日新聞)
火をつけて回るのはどうか=福島党首を批判―経産相(時事通信)
「あっという間」と野口さん=6月2日、宇宙基地から帰還(時事通信)
「宝くじ販売停止」ヤジと拍手わく興奮状態(産経新聞)
「小沢氏了承」改めて供述=再聴取に元私設秘書、石川議員も―東京地検(時事通信)

大阪・高槻の遺棄女性 新生活3カ月で暗転 知人ら「住み続けていたら」(産経新聞)

 大阪府高槻市の淀川堤防で、宇野津由子さん(36)の遺体が見つかった殺人死体遺棄事件。宇野さんは大阪府豊能町に移り住むまでの約1年間、大阪府松原市の雇用促進住宅で暮らしながら職を探し続け、今年1月に“念願”だった転出を果たしていた。再スタートを切った人生は、わずか3カ月で暗転した。「あのままここに住み続けていてくれたら…」。宇野さんの知人は言葉を失った。

 「派遣切り」が社会問題化していた昨年1月、当時「谷岡」姓だった宇野さんは、愛知県岡崎市からわずかな荷物を手に、雇用促進住宅に入居した。真冬だったが毛布さえも持っていない宇野さんに、住民たちは生活する上で最低限の物資を譲りあったという。

 家族の話をすることはなく、以前の仕事など身の上について多くを語ることはない。服装も質素で、アクセサリーもつけていなかった。住民から販売業のアルバイトを紹介されたこともあったが、「接客は向かないから」と申し訳なさそうに話し、住民たちとの交流もほとんどなかった。

 宇野さんは派遣切りにあったという同じ境遇の2人の女性と同居していた。

 当初は別々の部屋に暮らしていたが、親交を深め、互いの家財を持ち寄り、2Kの小さな部屋で一緒に暮らした。食事はいつも3人一緒。年長だった宇野さんは、女性の1人を「ちびさん」と呼んでかわいがったという。

 生活に変化が訪れたのは昨年末から今年1月。同居人の2人が相次いで実家に帰り、孤独になった。住民の一人は「3人でいたころより、表情が暗くなった」と振り返る。部屋で一人、パソコンに没頭して過ごす日々が続いた。

 このころから、宇野さんは生活に窮する。住民の男性に「生活に困っている。生活保護を申請したい」と相談し1人で市役所を訪れている。しかし、失業保険をもらっており、受給できなかったという。

 1月20日、1台の車が住宅にやってきた。乗っていた男女2人は住民に「(宇野さんに)うちに住み込みで、内装の仕事をしてもらいます」と説明。宇野さんは「いろいろお世話になりました。ありがとうございました」と丁寧にあいさつしたという。

 この2人は豊能町に住む夫婦とみられ、宇野さんは2月、この夫婦と養子縁組した。だが、4月末になって、高槻市の淀川堤防で変わり果てた姿で見つかることになった。

 住民の男性(68)は「ここにおってくれたら、事件に巻き込まれなかったのに」と振り返る。孤独と生活苦から解放された時間は、わずかだった。

【関連記事】
高槻女性遺棄事件 養父母ら3人を近く本格聴取
2年前も保険金かけ不審死 ネット縁組は今年2月
ネットで知り合い養子縁組後に生命保険数千万円分 大阪・淀川ポリ袋遺体
淀川堤防ポリ袋遺体、36歳女性は化粧なし
淀川堤防ポリ袋遺体、大阪・豊能の36歳女性と判明
少子化を止めろ!

進次郎氏“修羅場”もみ合い、転倒、けが人も!(スポーツ報知)
普天間、地元の理解が先=党首討論の発言修正−鳩山首相(時事通信)
鎌倉市に1億賠償命令 平塚競輪撤退「予告義務あった」(産経新聞)
山崎直子飛行士 帰国後初会見 「月や火星にも行きたい」(毎日新聞)
<器物損壊>成田空港の予定地で看板壊す 容疑の60歳逮捕(毎日新聞)

首相が徳之島3町長と会談「おわびを申し上げたい」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は7日、首相官邸で鹿児島県・徳之島の3町長と会談し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の機能の一部移転への協力を求めた。会談冒頭の首相のあいさつは次の通り。

 本日は、伊藤祐一郎鹿児島県知事、また金子万寿夫鹿児島県議会議長、さらには徳之島から3人の町長さんと、9人でおそろいで官邸までお運びいただきましたこと、心から感謝を申し上げます。また、徳之島のことに関しまして大変、多くの皆さんにご迷惑をおかけいたしましたこと、まず冒頭におわびを申し上げたいと思います。

 4月28日に徳田虎雄先生(元参院議員)のところにお邪魔をさせていただきました。そして、そのときに私の思いを、お話し申し上げたところでございます。徳田虎雄先生、また毅先生(衆院議員)のご配慮をいただいて、今日このようにわざわざ…本来ならば、私がうかがうべきところを、お出ましをいただいたことを改めてお礼申し上げたいと思っております。

 私はまずこのように徳之島の皆様方に大変な混乱、ご迷惑をおかけしたことをおわびを申し上げたいと思っております。日米の安保、日米同盟が大変重要であるということ、これは前政権と同じ認識でございますが、日米同盟の重要さというものをせいぜい考えていたところでございます。

 先般、オバマ大統領とも核セキュリティーサミットでもお話を申し上げました。むしろ日米同盟というものが大変重要に考えている。それだけに沖縄に過重な負担をかけすぎてしまっているということに対して、日米同盟をこれからも維持していくためにも、日本でその過重な負担をできるだけ全国で負担を分かち合うということが大事だと思っておりました。そのところをご理解いただいて、アメリカの大統領としてもご協力を願いたいと述べたところでございました。

 私の頭の中には、沖縄の皆様の過重な負担をなんとか和らげさせていただくために、今申し上げたように日本の、全国で、例えば普天間の基地の移設ということになれば、引き受けていただけるところはないかと、このような思いで様々模索をして参りました。なかなか簡単なことではございませんでした。

 特に、沖縄にさまざまな米軍の活動が行われている状況の中で、例えば海兵隊でございましても陸上部隊との連携性などということを考えたときに、あまり遠くに移設先というものを見いだすということは不可能であるという認識に至ったところでございます。

 私は先般沖縄に参ったときでも、大変厳しいご意見をたくさんちょうだいしたところではございますが、その中で考えまして沖縄の皆さん方にも、これからもしばらくの間続いてご迷惑をおかけするけれども、ご負担をやっていただけないかと思いを申し上げたところでもございます。

 普天間の移設先を考えたときに、すべてを移設をするということはなかなか現実問題として不可能だという認識に至ったからでございまして、そうであるならば機能の一部を、沖縄からさほど遠くない徳之島に移設をできないかという思いになり、またこれは機能の観点からいろいろと米軍、アメリカとの議論していく中で、やはり物理的に遠すぎたら現実は不可能だということになりました。

 そのような議論の中で徳之島に、もしお願いできないかという思いを強く認識を致すことになったところでございます。そのような思いを持ちながら徳之島の島民の皆さん、町長さん方、あるいは県議会議長さんに十分なご連絡を申し上げなかったこと、本当に申し訳なく思っておりますが、なかなかこれは相手がある話でどこまで引き受ける可能性があるかということを十分に議論しておきませんと、大変お願いをしておきながら、ご迷惑をおかけすると、またご迷惑の上塗りになると思いもございました。

 そういう思いを持ち続けている中で、大変に遅きに失したような状況になってしまいましたこと、誠にご無礼申し訳なく感じておるところでございますが、今日は率直にお願いをさせていただければと思っております。すなわち、沖縄の県民の皆様のご負担を和らげさせていただくと、普天間の危険性というものを、これは除去さしていかなければならないと思いの中で、徳之島の島民の皆様方にどこまでご協力をいただけるか大変厳しい状況であることは十分に理解を致しているところでございますが、普天間の機能の一部をお引き受けいただければ大変ありがたい、そのように感じてるところでございまして、なかなか容易ではないという思いは理解をしておるところでございますが、皆さん方のご協力を頂ければという思いを、総理として今日はお伝えしたく、本来ならばお邪魔を申し上げるべきところを、官邸までお出ましをいただいたところでございます。

 少しでもおくみとりいただければ、誠にありがたい。今日は皆さん方とお話しさせていただけることができることを心から、ありがたく感じているところでございます。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

【関連記事】
徳之島でレッドカード 自民が内閣退陣迫る
首相「訓練移転だけでも」 徳之島3町長は拒否
米、徳之島に「NO!」 首相オソマツ軍事知識に周囲驚愕
徳之島「一部移設」断念へ 普天間問題で政府
【週末に想う】いまさら「腹案」とは笑止千万 小林静雄
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

<石清水八幡宮>篝火御影を公開 元襲来で祈願? 京都(毎日新聞)
建設会社社長ら逮捕、介護付き住居で詐欺の疑い―神奈川県警(医療介護CBニュース)
<訃報>藤井秀樹さん75歳=写真家(毎日新聞)
検証 医療ツーリズム元年(4)先端医療を日本から世界に(医療介護CBニュース)
熱のこもった演奏 アマバンドが披露 木場ストック2010(産経新聞)

歴代社長3人を強制起訴=検察審議決受け弁護士−JR西、福知山線事故・神戸(時事通信)

 兵庫県尼崎市で2005年4月、乗客106人が死亡したJR西日本の福知山線脱線事故で、検察審査会の起訴議決を受け、検察官役を務める指定弁護士は23日、同社の井手正敬元会長(75)ら歴代社長3人を業務上過失致死傷罪で神戸地裁に在宅起訴した。
 神戸地検は3人を不起訴としたが、神戸第1検察審査会が今年3月、検察審査会法に基づき法的強制力を持つ起訴議決をしていた。強制起訴は兵庫県明石市の歩道橋事故に続き2例目。
 地検が同罪で在宅起訴した前社長山崎正夫被告(66)と合わせ、歴代4社長が法廷で刑事責任を問われることになった。 

【関連ニュース】
【特集】JR福知山線脱線事故5年
〔用語解説〕「明石歩道橋事故」
歩道橋事故、元副署長を強制起訴=検察官役、制度導入後初
「時間足りず報告書事前入手」=漏えい検証チームにJR西幹部
元副署長、20日に強制起訴=検察審査会の議決受け

鳩山政権打倒を確認=麻生、平沼氏ら(時事通信)
日米関係悪化を懸念 鳩山政権に不満も(産経新聞)
全国唯一の「税の学習施設」がリニューアルオープン 東京都台東区(産経新聞)
「丸投げ」廃止で200億円削減=経産省が独自仕分け(時事通信)
<愛知5人殺傷>ネット競売で借金300万円 警察に父相談(毎日新聞)

“最後の大物仕手筋”公訴を棄却 大阪地検、脳梗塞で訴訟能力なし(産経新聞)

 「最後の大物仕手筋」と呼ばれ、金融商品取引法違反(相場操縦)の罪で公判中だった投資アドバイザー、西田晴夫(はれお)被告(60)について、大阪地裁(樋口裕晃裁判長)が公訴棄却を決定していたことが15日、分かった。関係者によると、西田被告は脳梗塞(こうそく)を患って入院中で、大阪地検が訴訟能力がないと判断し、地裁に公訴取り消しを求めたとみられる。

 決定は9日付。西田元被告は平成14年11〜12月、ジャスダック上場の旧南野建設(現A・Cホールディングス)をめぐり、売り注文と買い注文を同時に出す仮装売買で株価をつり上げ、差額利益約3億8千万円を得たなどとして大阪地検特捜部に逮捕、起訴された。

 19年12月の初公判で西田元被告は起訴内容を認めたが、その後体調を崩し、公判は停止されていた。共犯の会社役員(54)と古物商(62)はいずれも執行猶予付き有罪判決が確定している。

 西田元被告は大阪府守口市職員から投資家に転身。仕手戦で扱う株は「N銘柄」とささやかれ「電話一本で億の金が動く」と言われたほか、音楽プロデューサーの小室哲哉氏をめぐる詐欺事件でも背景の高利融資に関与が取りざたされた。

【関連記事】
無登録で投資勧誘の疑いで3人を逮捕 避妊具自販機の設置で 岐阜県警
インサイダー取引で3被告に有罪
企業食い尽くすハイエナ 「クロちゃん」の10年
トランス社架空増資、鬼頭被告も逮捕
元IBM営業マンが手を染めた禁断の“赤黒転換”

遊具広場、囲って安心?孤立?…都立公園(読売新聞)
タイで死亡の村本さん、熟練者が狙撃か(読売新聞)
山形新幹線急停止、車両の下に女性…けがなし(読売新聞)
受動喫煙防止条例に立腹、脅迫メールの男に罰金(読売新聞)
大和ハウス奈良工場、2月にも火災 4千平方メートル焼く(産経新聞)

小さな体はミイラのようだった…ネグレクトの果てに(産経新聞)

【なぜわが子を傷つけるのか】

 小さな体はミイラのようにやせ衰え、自力で立っているのが不思議なほどだった。神奈川県内の児童相談所にある一時保護施設の保健室。小児科医の丸田桂子さん(73)は数年前、目の前に現れた3歳の男児の姿に息をのんだ。

 もうすぐ4歳というのに体重は9キロ、身長は80センチに届かず平均を大きく下回っていた。丸田さんは「アフリカの飢餓難民の子供のようだった。恐らく生まれてからまともな食事を与えられたことはなく、泣き続けたため声はがらがらで難聴気味。言葉も理解できず知能の発達に遅れが見られた」と振り返る。

 母親が19歳のときに身ごもった子供という。父親は逃げ、母親はアルバイトをして育てたというが、実際はアパートの部屋に転がしていただけだった。

 部屋からは異臭が漂い、見かねた隣室の女性が食べ物を差し入れていたが、その女性も転居した。やがて母親も姿を消し、男児は開いていた扉からよろよろと外へ出たところを近所の人に保護されたという。

 ■人格形成にも影響

 食事を満足に与えない、病気やけがを医者にみせない、長期間入浴させないなど、保護者がなすべき育児を怠ったり拒否したりする虐待は「ネグレクト(育児放棄)」と呼ばれる。年間約4万2千件の虐待のうち、暴行などの身体的虐待が38%なのに対し、ネグレクトも37%とほぼ同じ率。

 「虐待の本質はネグレクトだ」。東京都内で虐待に関する区市町村の相談窓口「子ども家庭支援センター」の施設長を務める男性(43)はこう指摘する。ネグレクトは子供の精神的な発達をゆがめ、人格形成に影響を与えるといわれているためだ。

 施設長は「社会の関心は子供の生命に重大な危険を及ぼす身体的虐待へ向かいがちだが、さまざまな苦しみのために子供が安心して家にいられない、家に帰れない状態がどれほど子供の成長、発達を妨げるか考えてみてほしい」と話す。

 ■貧困との悪しき関係

 児童相談所の嘱託医を20年以上務める丸田さんが最近気になるのは、貧困と虐待の悪(あ)しき関係だという。

 数年前、一時保護施設へ身を寄せた中学2年の少女がいた。

 母親は夫の家庭内暴力(DV)に耐えかねて、少女が小学4年のときに離婚した。生活保護を受けるようになったが、半年もすると母親は外出が増え、娘の食事をまったく作らなくなったという。

 「生活保護を受けている母子家庭には保護費をねらって男が群がる。母親は男と遊び回り、子供が邪魔になってネグレクトする。男が同居すると男の子ならけ飛ばされ、女の子なら性的虐待が始まる。親の貧困は解消されるが虐待は複合してひどくなる。こうしたケースが今、ものすごく増えている」と丸田さん。

 生活保護の受給額は子供の数により増額されるため、保護された子供を取り戻しに来る親もいるという。

 国の統計で、主な虐待者の6割は「実母」だが、数字に表れない母子家庭での「内縁の夫」による虐待が相当数あるというのが専門家の共通した見方だ。

 「子どもの虹情報研修センター」の川崎二三彦研究部長(58)が、平成18年に全国で虐待により死亡した52件を分析したところ、内縁の夫や継父ら血縁関係のない男性が殴るけるなど外傷性の暴行により死亡させた例が10件あった。

 丸田さんは言う。

 「母親が主な虐待者であっても、その陰には逃げた実父がおり、住民基本台帳に載らない男がいる。虐待の問題を考えるとき、そのことを忘れてはいけない」

【関連記事】
泣き叫ぶ姿「面白い」 子供で遊ぶ「ペット虐待」親たち
愛されなかった過去 親への憎しみが自分の娘に
息子の目は鬼でも見るかのようだった…止まらぬ虐待
堺の男児虐待死、同居23歳男「発熱、泣きやまず腹を押した」
「まだ温かかった」虐待2歳児、診察の医師

与謝野氏除名の可能性 谷垣氏、舛添氏への批判も(産経新聞)
船体に赤い塗料…シー・シェパードの妨害受けた調査捕鯨船団母船が帰国(産経新聞)
首相「腹案」に痛烈な「ノー」…徳之島(読売新聞)
小型カメラで“旅情”も体感 鉄道模型走行会(産経新聞)
大丈夫と思うけど…ガラス1枚、ライオンの迫力(産経新聞)

白昼に発砲、暴力団抗争か…福岡・大牟田市(読売新聞)

 11日午後1時50分頃、福岡県大牟田市南船津町4の木造住宅近くの住民から「午前5時頃に銃声が聞こえたという話を近所の人から聞いた」と110番があった。

 福岡県警大牟田署は、住宅内で割れた窓ガラスや、弾痕のような跡数か所を確認。指定暴力団・九州誠道会の関係者が住んでいるとの情報もあり、同署は暴力団による抗争事件の疑いもあるとみて調べている。

 同署によると、署員が宅内を調べようとしたところ、同会関係者とみられる男性から拒否されたため、検証許可令状を取り、現場検証を行ったという。

 また同日午後11時43分頃には、同市明治町3のマンション近くの住民から「マンションに拳銃のようなものが向けられ、発砲音のような音が数発聞こえた」と110番があった。これまでに弾痕などは確認されておらず、同署は引き続き調べている。

【神戸スイーツ年代記(クロニクル)】パティシエ エス・コヤマ 小山進 46歳(産経新聞)
「大阪都構想」、堺市長が研究会で検討へ(読売新聞)
銃声 連続発砲か 福岡県大牟田市の住宅2カ所で(毎日新聞)
線路に砂袋 特急が停止 東海道線(産経新聞)
<バス追突>日本人観光客数人けが オーストリア(毎日新聞)

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
リンク
携帯ホームページ
ショッピング枠現金化
ネイルサロン
クレジットカードのショッピング枠を現金化
サイドビジネス
selected entries
archives
recent comment
  • 現地本部長に篠原農水副大臣=菅首相、口蹄疫対策に総力(時事通信)
    志波康之 (01/15)
  • 現地本部長に篠原農水副大臣=菅首相、口蹄疫対策に総力(時事通信)
    桃医 (01/09)
  • 現地本部長に篠原農水副大臣=菅首相、口蹄疫対策に総力(時事通信)
    道隆 (01/05)
  • 現地本部長に篠原農水副大臣=菅首相、口蹄疫対策に総力(時事通信)
    サキューン (12/31)
  • 現地本部長に篠原農水副大臣=菅首相、口蹄疫対策に総力(時事通信)
    こういち (12/26)
  • 現地本部長に篠原農水副大臣=菅首相、口蹄疫対策に総力(時事通信)
    まろまゆ (12/22)
  • 現地本部長に篠原農水副大臣=菅首相、口蹄疫対策に総力(時事通信)
    ゴンボ (12/16)
  • 現地本部長に篠原農水副大臣=菅首相、口蹄疫対策に総力(時事通信)
    夜沢課長 (12/07)
  • 現地本部長に篠原農水副大臣=菅首相、口蹄疫対策に総力(時事通信)
    ポロネーゼ (12/03)
  • 現地本部長に篠原農水副大臣=菅首相、口蹄疫対策に総力(時事通信)
    れもんサワー (11/23)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM